Global

Members

_currentHmacKey

現在設定されているHMAC生成キー. 空文字の場合はレスポンスのHMACを検証しない.
Source:

(private) _isEnabledAntiSpoofing :Boolean

HMACによるサーバ認証を行うかどうかのフラグ.
Type:
  • Boolean
Source:

(private) _isStartedManager :Boolean

アプリケーションからサーバの起動要求を送信したかどうかのフラグ.
Type:
  • Boolean
Source:

(private) appName :String

LocalOAuth用のアプリ名.
Type:
  • String
Source:

data

SDK側が保持するデータをJSON形式で持つオブジェクト.
Source:

(private) eventListener :Object

イベント通知用のリスナーを格納するオブジェクト.
Type:
  • Object
Source:
See:
  • addEventListener
  • removeEventListener

(private) extendedOrigin :String

ハイブリッドアプリとしてのオリジン.
Type:
  • String
Source:
See:
  • setExtendedOrigin

(private) host :String

ホスト名.
Type:
  • String
Default Value:
  • localhost
Source:
See:
  • setHost

(private) isEstablishedWebSocket :Boolean

WebSocketでイベントを受信可能な状態であるかどうかを示すフラグ.
Type:
  • Boolean
Source:

(private) isOpenedWebSocket :Boolean

WebSocketが開いているかどうかを示すフラグ. 注意: 開いている場合でも、isEstablishedWebSocketがfalseの場合は、 イベントを受信できない.
Type:
  • Boolean
Source:

(private) port :String

ポート番号.
Type:
  • String
Default Value:
  • 4035
Source:
See:
  • setPort

(private) reconnectingTimerId :Object

WebSocketを再接続するタイマー.
Type:
  • Object
Source:

retryRequest

リクエストのリトライ回数.
Source:

(private) scopes :Array

LocalOAuthで許可を与えるプロファイル名の配列.
Type:
  • Array
Source:

(private) sslEnabled :Boolean

HTTPおよびWebSocket通信でSSLを使用するかどうかを指定するフラグ.
Type:
  • Boolean
Default Value:
  • false
Source:
See:
  • setSSLEnabled

storage

accessTokenとclientId、appNameとscopesを保存するDBを管理するオブジェクト. 例えば、localStorageが設定される.
Source:

(private) uriSchemeName :String

Manager起動用URIスキームの名前.
Type:
  • String
Default Value:
  • gotapi
Source:
See:
  • setURISchemeName

(private) websocket :Object

WebSocketのインスタンス.
Type:
  • Object
Source:

Methods

_launchListener()

Device Connect Managerの起動通知を受信するリスナー.
Source:

(private) addRequestParameter(uri, key, value)

指定されたURIにリクエストパラメータを追加する.
Parameters:
Name Type Description
uri URI
key URIに追加するパラメータのキー
value URIに追加するパラメータの値
Source:
Returns:
リクエストパラメータを追加されたURI文字列

(private) checkHmac(nonce, hmac)

Device Connect Managerから受信したHMACを検証する.
Parameters:
Name Type Description
nonce String 使い捨て乱数
hmac String Device Connect Managerから受信したHMAC
Source:
Returns:
指定されたHMACが正常であればtrue、そうでない場合はfalse

(private) generateRandom(byteSize)

ランダムな16進文字列を生成する.
Parameters:
Name Type Description
byteSize Number 生成する文字列の長さ
Source:
Returns:
ランダムな16進文字列

isConnectedWebSocket()

Websocketが接続されているかチェックする.
Source:
Returns:
接続している場合にはtrue、それ以外はfalse

(private) isFirefox()

ブラウザがFirefoxかどうかを判定する.
Source:
Returns:
ブラウザがFirefoxの場合はtrue、そうでない場合はfalse

isWebSocketReady()

Websocketでイベントを受信可能な状態かチェックする.
Source:
Returns:
可能な場合にはtrue、それ以外はfalse

(private) makeErrorObject(code, message) → {object}

DeviceConnect用のエラーオブジェクトを生成する.
Parameters:
Name Type Description
code int エラーコード
message string エラーメッセージ
Source:
Returns:
エラーオブジェクト
Type
object

(private) startManagerForAndroid(state)

Android端末上でDevice Connect Managerを起動する.

注意: 起動に成功した場合、起動用Intentを受信するためのActivity起動する. つまり、このときWebブラウザがバックグラウンドに移動するので注意. そのActivityの消えるタイミング(自動的に消えるか、もしくはユーザー操作で消すのか)は Activityの実装依存とする.

Parameters:
Name Type Description
state 起動画面を出すか出さないか
Source:

(private) startManagerForIOS()

iOS端末上でDevice Connect Managerを起動する.
Source:

(private) stopManagerForAndroid(state)

Android端末上でDevice Connect Managerを停止する.

注意: 停止に成功した場合、停止用Intentを受信するためのActivity起動する. つまり、このときWebブラウザがバックグラウンドに移動するので注意. そのActivityの消えるタイミング(自動的に消えるか、もしくはユーザー操作で消すのか)は Activityの実装依存とする.

Parameters:
Name Type Description
state 起動画面を出すか出さないか
Source:

(private) stopManagerForIOS()

iOS端末上でDevice Connect Managerを停止する.
Source: